和尚のひとりごと

曹洞宗 島田地蔵寺 「和尚のひとりごと」です。
「目には目を」の誤解

キリスト教は言葉の宗教という。確かに、ヨハネ伝は「初めに言葉ありき」で始まり、イエスが神の意志を言葉でもって示したとなっている。聖書は簡素な表現の中に人間として必要な道徳も多く含まれ、「山上の垂訓」などは私も学生時代にそらんじた記憶がある。ヨーロッパやアメリカを中心とした国の政治家、実業家などがよく聖句を引用して、施策・指針の精神的な基盤としているが、「神もこうおっしゃっている」と思えば内なる自信も確信に変化するに違いない。
 ただ、聖書も言葉のみが先行しては神の意志が伝わらない。一方的な確信も困りものだ。
私はキリスト教については門外漢で、不勉強の点は皆さんに補っていただくことにして、思うままに書けば、
「目には目を 歯には歯を」は、テロに対する復讐によく使われているが、本当の意味は「たとえ目をやられても反撃は目まで」ということで、更にマタイ伝には「『目には目を 歯には歯を』といえることをあるを汝等に聞けり、されど我は汝等に告ぐ、悪しき者に抵抗するな。人もし汝の右の頬を打たば、左を向けよ」の示しもある。極め付きは、出エジプト記の「汝殺すなかれ」が戒めの初めに出てくることだろう。


日時 2010年05月12日 15:30 | 分類項目: 和尚のひとりごと | 固定リンク(この記事のURL)


曹洞宗 島田地蔵寺

分類項目(カテゴリー)

和尚のひとりごと







最新の記事

サールナートのご案内
お彼岸です smap 解散
良寛さんの嘆き
「目には目を」の誤解
ミレーの「落穂拾い」

日別の過去記事

先月   2010年05月   翌月

Su Mo Tu We Th Fr Sa
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

月別の過去記事(アーカイブス)

  • 2016年12月 (1)
  • 2016年09月 (1)
  • 2010年05月 (3)